あなたの心を満たす40歳からのダイエット

ストレスのない糖質制限で健康になる方法を伝授します。

第103回 味噌汁にも砂糖。糖尿病が増加した本当の原因は・・?

time 2014/03/21


4月からの増税前に何か買いたいのですが、欲しい物が
何も思い浮かばない、ちょっとがっかりな感じの

ダイエット・健康アドバイザーの吉村です。
今日は糖尿病が増えた原因について考えてみました。

 

欧米人に比べ、インスリン分泌力が低い日本人

40代からは糖質制限はやっても、やらなくても
糖質に気を配る事はした方がいいと思います。

日本人は体質的にインスリンの分泌能力が低い
人が多く糖尿病になりやすいからです。

欧米人と比べBMIが低いのに糖尿病や予備群の
人が多いことも特徴の一つです。

糖尿病は免疫機能の異常で起こる1型と、生活習慣が原因で
発症するⅡ型があります。この50年間で糖尿病の人は
20倍以上にも増えていて、日本では9割以上が2型糖尿病です。

体質的に糖尿病になりやすいのに、内臓脂肪型肥満による
インスリン抵抗性(インスリンが効きにくくなる)が加わり、
糖尿病を増やす結果になった、ということです。

糖質摂取が減っているのに糖尿病が増えた・・?

内臓脂肪型肥満の主な原因は運動量の減少です。これは疑いようもないですね。

肝心の食生活ですが、糖質制限の理論から言えば

糖質過剰摂取→インスリン過剰分泌→内臓脂肪型肥満
→インスリン抵抗性→膵臓の疲弊→糖尿病・・

という図式が成り立つのでは、と思いますよね?

つまり糖質過多が糖尿病の原因になっている、ということです。

ところが、厚生労働省の国民栄養調査を見ると予想に反して
戦後から現代までの間、多少の増減はあるものの、基本的には
糖質の摂取量は減っているのです。

特におコメの消費量は減少し、肉と肉の加工品、脂肪の割合が増えました。

その結果を受けて、厚生労働省は、運動量の不足に加え
「動物性蛋白質や脂肪の増加が糖尿病を増やす原因となった」
と結論付けています。

outdoor-dining-172644_640

加工品と外食が増えた事も糖尿病増加の原因??

ここからは、あくまでも、私の経験上の推論です。
(糖尿病増加の本当の原因は、議論が分かれており
いまだに決着はついていません。)

確かに脂肪摂取が多すぎれば肥満になりやすく糖尿病の原因になります。
しかし、もう一つ見逃している要因があるのでは、と私は思います。

それは、昔と比べて、大幅に加工品と外食が増えた事です。

何を意味するかと言うと、知らない間に糖質や添加物を摂っているという事です。

例えば昭和40年代の食事内容がご飯と味噌汁と漬物だったとしましょう。
今、家庭で同じメニューの食事を作るとして、何が大きく違うかというと
恐らく食材の栄養価と調味料と添加物なんです。

一昔前は、野菜にはビタミンが豊富に含まれており、大豆も遺伝子組み換え
製品はなく、長い間発酵熟成させた栄養価の高い味噌を使っていました。

味噌汁のダシも煮干しや昆布などで取っていたはずです。

しかし、今は輸入で遺伝子組み換え大豆の可能性もあり
発酵期間も短い「なんちゃって味噌」が多いです。

そして、現在の市販のだしの素は、注意して選ばないと
ブドウ糖や塩分、添加物が含まれています。

コンビニにあるカップ味噌汁の原料表示を見てください。
ブドウ糖や砂糖の入っていない物を探す方が大変です。
今の味噌汁はお砂糖が入っているのです。

その他にも、お菓子やパン、清涼飲料水、ソース、ケチャップ
などの調味料でも糖質ゼロの物を探すのは至難の技です。

最近のアメリカの研究では果糖や異性化糖の取り過ぎでも
2型糖尿病の原因になる事が分かっています。

また、添加物による複合的な要因で代謝が乱れ糖尿病が
増えることだって考えられます。

お米の量が減り、脂質や動物性が増えたから糖尿病が増加した
というよりも加工品や外食の影響が大きいのではと私は思います。

糖質の少量摂取もインスリン抵抗性や糖尿病の原因に?

昔の上司で、昼休みに飴を一袋買って、午後の仕事の間に全部食べて
しまう人がいました。以前の記事にも書きましたが糖質摂取量の多い人は
運動していても、肥満が解消されない人が多いです。

そして糖質を少量頻回に食べる事も膵臓にとっては負担になります。

空腹時の糖質摂取はたとえ少量でもインスリンが多く分泌され

何度も出動要請があれば体力も使い果たす可能性もあります。

インスリン抵抗性の原因は内臓脂肪による慢性の炎症が原因と
されています。しかし、実はまだ、分かっていないことの方が
多いのです。

常に糖質のおやつを口にする習慣がある人は、時間を決めて
食べるなど意識をした方がいいですね。自戒を込めて..

まとめ。

・日本人は糖尿病になりやすいから注意が必要。

・炭水化物を摂らなくても、調味料や嗜好品で糖質を摂っていれば
糖尿病になる可能性がある。

・加工品では糖質が含まれているものが多い。原料表示をよく見よう。

・常に何か食べている状態から脱出しよう。

ダイエットの基本が分かる7日間メールセミナーと糖質制限で健康になるメールマガジンのご登録はこちらから・・・

 

 

は必須項目です。

無料メールマガジン登録フォーム
  (例)日本
名  (例)太郎
メールアドレス  (例)nihon@example.co.jp

自己紹介

吉村 真佐美

吉村 真佐美

看護師・栄養カウンセラー   1、長く続けられる 2、楽しく食べる 3、糖化、酸化、慢性炎症の予防を 目標に食の安全と健康を最優先にした糖質制限を行う。 以上を元にダイエットについてのお手伝いをしています。 [詳細]