あなたの心を満たす40歳からのダイエット

ストレスのない糖質制限で健康になる方法を伝授します。

第115回 女優さんは、どうやって体重管理をしているの?

time 2014/04/21


ダイエット・健康アドバイザーの吉村です。

今朝のTV番組に女優の高畑淳子さんがゲスト出演していました。

私は高畑さんの出ているドラマは見た事ないのですが、
広いジャンルで活躍しているため、誰でも分かりますよね。

高畑さんの好物はタコ天&ビール、餃子、白桃、アスパラガス、讃岐うどん。
香川出身なので、おやつは讃岐うどんだったのだとか。高糖質な食べ物ばかりです。
でもそこは女優さんですから。。抜群なスタイルを保っています。

好きな物を食べながら、体重を維持している秘訣は何なのだろう、
と私は興味津津で見ていました。そうしたら、やはり秘訣がありました。

(ちなみに番組で紹介していた朝食は鮭とご飯の普通の和食でした。
他のサイトで調べたら、普段から健康には気を配っていて、自家製の野菜
スープを持ち歩いているのだそうです。だから、毎日好きなだけ
ビールとタコ天を食べいるのではいないと思います、念のため(^-^))

glass-313911_640

スロージョギングを欠かさずに。

頻度や継続時間は番組の中では、言っていなかったので
分かりませんが、ランニング用のスパッツとウエストサウナを巻いて
ほぼ毎日?スロージョギングをしているみたいでした。

家族の為の願掛けがきっかけで7~8年は続いているのだとか。
また、草むしりもウエストサウナを巻いて行い、汗をかくように
しているとのことでした。

やっている本人はそれほど苦に思っていない。

ここまで読んで
「やっぱり女優さんだしね」
「ここまでしないと、体重維持は出来ないよね」
「私は、そこまでやりたくないな」
・・と思いましたか?

でも、もしかすると、やっている本人は、他の人が感じるほど、
苦に思っていないのではないですかね。

女優としての自己管理や、いつまでも一人の女性として
美しさを維持したいという気持ちがあるのは大前提です。

でも、スロージョギングは本人にとっては「普通のこと」なのではないかと。
高畑さんご本人に聞いた訳じゃないので分かりませんが。。

でも、最初から「普通のことのように」するのは難しい。

ネットや本の情報で他の人達の体重管理の様々な工夫を見ながら
「そこまでしなくちゃ駄目?」「私には到底無理」・・と
自分の中に拒否反応が出てくることってありませんか?
それは、何故なんでしょう。

拒否反応を示すのは、まだやっていない内から
それをする時の自分の中での葛藤とか、つらさなどの嫌な感情を
先に味わってしまうからなんですね。

先の予測をするのは身の危険を避ける為の人間の本能なので仕方がないです。
でも、実際には生活習慣を変えるのには何の危険もなくて、有るのは自分の感情だけです。

少しづつ自分にとっての当たり前を上げていく事。

だから、生活習慣を変えようとする時は、感情の先取りをせず
「試しにやってみる」ぐらいの軽いノリで始めると案外上手くいきます。

「今日からお菓子を我慢しなければ」
「今日からスロージョギングを毎日やらなければ」

と悲壮感や決意を漂わして始めた事は大体続きません。

「今日は、お腹一杯だから夜のお菓子はやめて
お風呂入って、早めに寝よう」

「パソコン作業で肩が凝ったから5分間だけ、散歩してこよう」

最初はそんな感じで始めればいいんだと思います。
そして、それが続くようになってきたら、次の段階に進む。

そんな風にやっていけば、PC作業のストレス発散法が、
食べる事から外の散歩に変わっていき、
歩くのが苦痛ではなくなってきて
時間がだんだん延びてきて・・・

自分の中の「当たり前」が以前より底上げされていた
そんな感じになるのでは、と私は思います。

  ダイエットの基本が分かる7日間メールセミナー実施中

 

 

down

コメントする




は必須項目です。

無料メールマガジン登録フォーム
  (例)日本
名  (例)太郎
メールアドレス  (例)nihon@example.co.jp

自己紹介

吉村 真佐美

吉村 真佐美

看護師・栄養カウンセラー   1、長く続けられる 2、楽しく食べる 3、糖化、酸化、慢性炎症の予防を 目標に食の安全と健康を最優先にした糖質制限を行う。 以上を元にダイエットについてのお手伝いをしています。 [詳細]