あなたの心を満たす40歳からのダイエット

ストレスのない糖質制限で健康になる方法を伝授します。

第20回 新たに始めずに「加える」のが続くコツ

time 2013/11/19


例えば、

「朝起きて10分間散歩する」のと、
「通勤時(往復)遠回りして10分多く歩く」のと、
どちらが長続きすると思いますか?

おそらく通勤時の10分の方が続きますね。

同じ10分間でも、朝の通勤前にわざわざ
着替えて外に出るのは、そんなに簡単ではありません。

もう一つ、

「帰宅後、10分間 筋トレする」のと、
「歯磨きしながら、スクワットする」のと、
どちらが、長続きすると思いますか?

歯磨きしながらの方が続きそうですよね。

筋トレの時間をわざわざ確保するのは

面倒ですし、忘れてしまう可能性もあります。

新たに何かを始めようとするのは、5分、10分の
短時間であっても結構な労力を必要とします。

それよりも、普段 必ず行っている事に、

付け加える方が簡単に出来るのです。

お掃除しながらお尻締めダイエットとか、
買い物ついでに早歩きウオーキングとか、
「~ながら」「ついでに」エクササイズ!の

方が、長続きします。

ちりも積もればなんとやら、で

ダイエットのために必死で運動するよりも

心の負担なくじわじわと効果が出る場合は多いのです。

down

コメントする




は必須項目です。

無料メールマガジン登録フォーム
  (例)日本
名  (例)太郎
メールアドレス  (例)nihon@example.co.jp

自己紹介

吉村 真佐美

吉村 真佐美

看護師・栄養カウンセラー   1、長く続けられる 2、楽しく食べる 3、糖化、酸化、慢性炎症の予防を 目標に食の安全と健康を最優先にした糖質制限を行う。 以上を元にダイエットについてのお手伝いをしています。 [詳細]