あなたの心を満たす40歳からのダイエット

ストレスのない糖質制限で健康になる方法を伝授します。

第11回 自分の棚卸をせず、痩せるとリバウンドをする。

time 2013/11/19


ダイエットを始める前に体重が増えた原因を把握することは大切で
原因を知るには、食事と生活を記録し振り返る事は欠かせません。

それをすっ飛ばして、痩せるとリバウンドをする確率は高くなります。

例えば、道を走っていて躓いた、その原因は靴の紐がほどけていたからなのに
靴の紐を結び直さずに走り出したらまた転びますよね?

仕事で、何か失敗をした時は、原因を分析し同じ失敗をしないように
対策を立てますよね?

原因を知り、対策を立てる。誰でも普段はやっているのに、何故かダイエットを
始める前には、やらない人が多いようです。

理由の一つは「メモるのが面倒」なことです。

自分をモニタリングする作業は結構しんどいですし、
原因分析なんて仕事だけで十分と思うのも無理はありません。

もうひとつの理由は「現実を見たくないから」から、だと思います。

太ってしまう直接的な原因は食べ過ぎが一番多いのですが、
それを目の当たりにすると今まで、何気なく食べていたのも食べられなくなり、
心の不自由さを感じるから。
つまりストレスになると思っているのではないでしょうか。

知らぬが仏 な~んていうことわざもありますからね。

でも食事や生活の記録を付ける目的は、自分に制限をかけることではありません。
・客観的に見ることで、栄養バランスを確認し、無意識に食べている物も分かる。
・何故、お腹が空いていないのに食べてしまうのか、自分の心を見つめられる、
・生活の中で、どれだけ身体を動かせているかが分かる。

それを活用して自分が一番ストレスなく、改善出来る事は何なのか?を
考えるのが記録の目的なのです。

期間ですが、ず~と行わなくてもかまいません。

メモるのが苦にならない方は後で振り返る時の参考になるので、
出来る限り記録することはお勧めします。

そうではない方は長くても一月、土日挟んだ一週間、もっと短い方がいい場合は
三日間で十分です。

では、今日は、この辺で。

down

コメントする




は必須項目です。

無料メールマガジン登録フォーム
  (例)日本
名  (例)太郎
メールアドレス  (例)nihon@example.co.jp

自己紹介

吉村 真佐美

吉村 真佐美

看護師・栄養カウンセラー   1、長く続けられる 2、楽しく食べる 3、糖化、酸化、慢性炎症の予防を 目標に食の安全と健康を最優先にした糖質制限を行う。 以上を元にダイエットについてのお手伝いをしています。 [詳細]