あなたの心を満たす40歳からのダイエット

ストレスのない糖質制限で健康になる方法を伝授します。

第48回 塩味に対する感覚は1週間で変化する。

time 2013/11/19


吉村 真佐美です。初めての方は自己紹介をご覧ください。

第48回 塩味に対する感覚は1週間で変化する。

チョコレートをコーティングしたポテトチップって
知っています?北海道の有名なメーカーが発売している
お菓子です。私はあれを食べた時、止められなくなり
最後まで食べきってしまいました。

これは確実に太ると思って、以来買うのは止めました・・

皆さんも経験があるかもしれませんが
濃い塩味と甘味の組み合わせは、味覚を刺激し
満腹にも関わらず食欲が止まらなくなる恐れが
あります。つまり嘘の食欲で食べ続けてしまうわけです。

薄味に慣れることも食べ過ぎを防ぐ大切な要素です。
そして人間の味覚に対する感覚は意外に短期間で
変化する事が研究結果で分かっています。

一日5gの減塩食を健康な人に食べてもらったところ、
味覚感受性が平均以下だった方の人数が
たった一週間で28%から17%に減少したのです。

子供の頃の味覚が一生を左右するような言われ方を
しますが、今からでも十分変える事は可能なのです。

日本人は平均で一日11g程度の食塩を摂っているそうです。
薄味の食事に慣れるのは最初は大変に感じますが

1、ウインナー、ハム、練り物などの加工品を控える。
2、ソース、醤油、ドレッシングの量を半分にする。
3、うどん、ラーメンのつゆは残す。
4、レモン、ゴマ、紫蘇、亜麻仁油、エゴマ油を利用する。

など、少しの工夫で1~2gは簡単に減らせます。最初に
調味料無しで食べてみて、味覚を鍛えるのもお勧めです。

down

コメントする




は必須項目です。

無料メールマガジン登録フォーム
  (例)日本
名  (例)太郎
メールアドレス  (例)nihon@example.co.jp

自己紹介

吉村 真佐美

吉村 真佐美

看護師・栄養カウンセラー   1、長く続けられる 2、楽しく食べる 3、糖化、酸化、慢性炎症の予防を 目標に食の安全と健康を最優先にした糖質制限を行う。 以上を元にダイエットについてのお手伝いをしています。 [詳細]