第46回 一日5食にすると痩せると言われる理由

NO IMAGE

一日の摂取カロリーが同じならば、一日三食よりも
五食の方が痩せやすいと言われています。

食事を摂ると体内に吸収された栄養素が分解され、
その一部が体熱となって消費されるためです。

消費カロリーは栄養素によって変わり
蛋白質のみを摂取した場合は、摂取エネルギーの約30%
糖質のみは、6%
脂質のみは、4%と言われます。

上記のような理由から、間食には

チーズ(一日2P程度)、砂糖の入っていない小魚、さきイカなどの

蛋白質豊富な物がべストです。
炭水化物を5食食べると肥満ホルモンと言われる
インスリンが常時分泌されるようになりかえって痩せません。

また、一番体熱産生されやすいのは
朝の時間帯なので、朝ご飯を沢山食べても
太りにくいと言われています。

ついでにいうと、良く噛んで食べると
体熱産生が増すので、柔らかい物より
固い物がベターです。

まとめ

1、朝ご飯は食べた方が良い。
2、少量五食にする時は炭水化物単品摂取を避ける。
3、単品で食べる間食は蛋白質豊富な物にする
4、良く噛んで食べる。。

引用文献 厚生労働省 eヘルスネット 情報提供 食事について

食事カテゴリの最新記事