あなたの心を満たす40歳からのダイエット

ストレスのない糖質制限で健康になる方法を伝授します。

第100回  肌のたるみは「糖化」が原因だった!AGEsを溜めない食生活

time 2014/03/10


ダイエット・健康アドバイザーの吉村です。今日のお題を
見るとまるで、アンチエイジングと美容の記事のようですが、

一応ダイエットと健康のブログです(笑い)

15-46-17-115_950x510

老化現象で一番気になるの肌のたるみですが
ここ数年で“糖化”が肌のたるみの大きな原因だと分かってきました。

糖化で発生するAGEsは肌のハリのもとコラーゲン同士を結合させ、
弾力性を低下させるのだそうです。

糖化の最大の原因は血糖値が高い状態が続く事です。
糖質オフはダイエットだけでなくアンチエイジングにも
大切なのです。

ただし糖質を摂らなければ何を食べても良い訳ではなく
AGEsを大量発生させてしまう調理法に気を付ける必要があります。

詳しくは

第98回 糖質制限法で老化しないために(終末糖化産物について)
第99回 老化を早める終末糖化産物(AGEs)を入れない為に。

をお読みください。

まあ、揚げ物や鉄板焼きが身体に悪いと言われても、来る日も来る日も、
茹でた物や、刺身ばかり食べる・・と言う訳にもいかないでしょう。

今日は、体内に取り入れてしまったAGEsをブロックする
方法を考えてみたいと思います。

糖質の少ない果物、緑黄色野菜を皮ごと食べてAGEsをブロックしよう!

1、ビタミンB群

ビタミンB6を摂るとAGEsが低下することが分かっています。
抗酸化作用もあるB1と合わせて摂りましょう。

ビタミンB1を多く含む物:大豆製品、豚肉、ごま、うなぎ、玄米
ビタミンB6を多く含む物:は鶏肉、牛肉、かつお、にんにく、サツマイモ、胡桃

2、ビタミンA、C、E

ビタミン、A、C、EもAGEsをブロックする働きがあります。

ビタミンAを多く含む物:レバー、うなぎ、チーズ、モロヘイヤ、かぼちゃ、人参
ビタミンCを多く含む物:キウイ、アセロラ、ブロッコリー
ビタミンEを多く含む物:ナッツ、たらこ、アボガド、落花生

3、αリポ酸

αリポ酸は細胞内のミトコンドリアに多く存在しブドウ糖を素早くエネルギーに
変える働きがあります。ネズミの実験で皮膚のコラーゲン中のAGEsが
抑えられたという結果もあるそうです。

αリポ酸を多く含む物:緑黄色野菜(ブロッコリー、ほうれん草、人参、トマト)

4、ハーブ

ハーブとは薬効が強く少量で効果が表れる植物です。
下の植物はAGEsの生成を防ぐ作用があります。

カモミールの「カマメロサイド」
セイヨウオオバコの「プランタゴサイド」など
山ブドウの実皮に含まれる「アントシアニン」など。(フラボノイドの一種)

5、ポリフェノール

ポリフェノールとは光合成できる植物の色素や苦味の成分の事。
抗酸化作用によりAGEsによる老化を防ぎます。代表的なのは

<フラボノイド>
アントシアニン   山ブドウの実皮や赤紫の色素成分。ワインに含まれる。
カテキン       ワイン、茶、リンゴ、ブルーベリーに多く含まれる。
タンニン       茶、赤ワイン、柿、バナナなどに含まれる渋味成分
ルチン        ビタミンPの一種で、ソバに含まれる。

<イソフラボン>    大豆や大豆加工商品(豆腐、納豆など)、葛、葛粉など
<リグナン>      ゴマに多く含まれる。セサミンもこの一種。

6、食物繊維

AGEsの吸収を抑え外に排出させます。
海藻、きのこなどの水溶性食物繊維は一日一回は摂りましょう。

まとめ・・実行可能なところからやってみよう!

ポイントは糖質が少ない野菜や果物を皮ごと食べる事!!
(無農薬、減農薬のものに限ります)その方がポリフェノールが
多く摂れます。

☆果物では、抗酸化、抗AGE作用があるブルーベリーなどがお勧めです。
冷凍庫に常備してお腹が空いた時に適量食べるといいですよ。

☆コーヒーを粉茶にシフトするだけでカテキンが摂れます。
(茶葉よりも粉茶の方が丸ごとカテキンが摂れます)

☆出来るだけ高温調理は避け、生食か茹でる、蒸す、煮て食べます。

☆お肉を食べる時は野菜を倍量食べましょう。その際、異性化糖を使っている
ドレッシングは止めてオリーブ油か亜麻仁油と塩で食べるようにしましょう。

☆玄米や七分付きの主食にはゴマ塩を。

 ………………… …………………

全てを、一度に実行するのは難しいと思います。でも何もやらない
より、ちょっとしたこと一つか二つでも、続ければ10個の老化の原因を
5個に減らせますよね。出来るところからコツコツと、やってみよう!

参考
牧田善二著「牧田式 糖質オフ健康ダイエット」
AGE測定推進協会ホームページ
農林水産省ホームページ
山岸昌一著「老ける食べ方×若返る食べ方」

 ダイエットの基本が分かる7日間メールセミナー実施中

 

 

down

コメントする




は必須項目です。

無料メールマガジン登録フォーム
  (例)日本
名  (例)太郎
メールアドレス  (例)nihon@example.co.jp

自己紹介

吉村 真佐美

吉村 真佐美

看護師・栄養カウンセラー   1、長く続けられる 2、楽しく食べる 3、糖化、酸化、慢性炎症の予防を 目標に食の安全と健康を最優先にした糖質制限を行う。 以上を元にダイエットについてのお手伝いをしています。 [詳細]