あなたの心を満たす40歳からのダイエット

ストレスのない糖質制限で健康になる方法を伝授します。

第四回 「痩せたい」は幸せの証

time 2013/11/13


私は昔から体型にコンプレックスがありました。
下半身が太くて(泣)今もそれは変わりません。

だから形の良い小さいお尻や綺麗な足の女性を
見ると羨ましくなります。

昔から体重は標準ではありましたがダイエットに
夢中になったのは、こんな私にも小さいお尻と
綺麗な足が手に入るかも?と期待したからです。

やっぱり、女性は綺麗に格好良く
痩せた姿に憧れるんですよね。だから
いつまでも美容やダイエット産業が流行る(笑)

男性は運動で痩せようとするのに対して
女性は食事を制限して痩せようとする
傾向があります。

食事の注意はとても大切なんですが
制限しすぎると食べたい気持ちが強くなります。

食べたい、でも我慢しよう、やっぱり食べたい
少しだけならいいかな、。。

そこで我慢をしても後で食欲がタケノコのように
出てきて、やっぱり食べたくなってしまう。

そして食べる。罪悪感。あ~今までの
我慢が水の泡だわ、、な~んてね。

でも、でも、でも!!ちょっと考えてみて。
あなたは何でそんなに痩せたいのですか??

いずれ、年取って、病気になれば
口から物が食べられなくなって、痩せてしまいます。
そして枯れ木のように死ぬのです。

(枯れ木のように自然に帰る死に方が
本人にとっては一番楽なんだそうですよ。)

痩せたいと思っている今の状況は
あなたが健康で幸せな証・・ではないですか?

すぐに食べ物が手に入り誰にも何も言われずに
食べる事が出来る裕福(?)な証拠ですよね?

でも、もしかしたら、「お腹が空いたな~」、
「美味しいな~幸せだな~」、と思いながら
食べてないのかもしれませんが・・

down

コメントする




は必須項目です。

無料メールマガジン登録フォーム
  (例)日本
名  (例)太郎
メールアドレス  (例)nihon@example.co.jp

自己紹介

吉村 真佐美

吉村 真佐美

看護師・栄養カウンセラー   1、長く続けられる 2、楽しく食べる 3、糖化、酸化、慢性炎症の予防を 目標に食の安全と健康を最優先にした糖質制限を行う。 以上を元にダイエットについてのお手伝いをしています。 [詳細]