あなたの心を満たす40歳からのダイエット

ストレスのない糖質制限で健康になる方法を伝授します。

第三回 ダイエットのための運動は必要なし。

time 2013/11/13


食事を我慢するのは嫌。だから運動で頑張りたい。

このような事を言うのは女性よりも男性に多いです。

この際なので、はっきり言わせていただきます。

運動だけでは痩せません。(きっぱり)

一日1万歩(約100分)歩いても消費出来るのは、
たったの300キロカロリー、おむすび二つ食べたら
100分のウオーキングはチャラになります。

でも、有酸素運動は善玉コレステロールを
増やす、内臓脂肪を燃やすなどなど身体に良い
研究結果があるので保健指導では
勧める事が多いです。

有酸素運動の代表的なものは、ウオーキングです。

お酒も食事も減らさず、毎日プラス一時間歩き続けた結果
内臓脂肪が8週間で30c㎡減少した、
な~んていう例が結構ありますので。

でも、考えてみてください。
8週間ならいいけれど、
プラス1時間のウオーキング

ずっと続けられますか??

毎朝、五時に起きて一時間歩く、走る
筋トレで基礎代謝アップ・・・

好きな人はいいですが、痩せる目的
でやっても続かないよ、って思いません?

もし、運動を取り入れるのならば歯磨きと同じような次元で
習慣化出来るものを選んだほうがいいです。

例えばお腹とお尻を締めて歩く、4階までは必ず階段を使う事に決めてしまう、などです。

運動が好きな人はいいんですよ。マラソン、ロードバイク
ジム、エアロビ、ダンス、ゴルフ。

趣味でやるならどんどんやればいいと思いますよ。

でも、昔の私のように、ダイエット=カロリー消費
に結び付けて運動するのはお勧めしません。

効果が出ないとストレスになってしまうからです。

運動が好きではない方は

「運動をしたら気分がすっきりする」
「ストレス発散になる」など、

ダイエット意外の目的ではじめましょう。

 

down

コメントする




は必須項目です。

無料メールマガジン登録フォーム
  (例)日本
名  (例)太郎
メールアドレス  (例)nihon@example.co.jp

自己紹介

吉村 真佐美

吉村 真佐美

看護師・栄養カウンセラー   1、長く続けられる 2、楽しく食べる 3、糖化、酸化、慢性炎症の予防を 目標に食の安全と健康を最優先にした糖質制限を行う。 以上を元にダイエットについてのお手伝いをしています。 [詳細]