あなたの心を満たす40歳からのダイエット

ストレスのない糖質制限で健康になる方法を伝授します。

第153回 甘い物が止められないのは? 肥満と栄養不足について。

time 2015/03/08


ダイエット健康アドバイザーの吉村です。

今日は女性の肥満と栄養不足の関係に ついてです。

栄養状態が悪い人が好む物

eat-191902_640

タンパク質や脂質は、必要とする消化酵素が多く
吸収されるまでに、それなりに時間がかかります。

だから、風邪などで、すごく体調が悪いときに
「ステーキを食べたい!」と 思わないですよね?

健康なのに普段から食べやすい糖質ばかり
摂っていると、タンパク質が不足します。

〇ペプシン、トリプシン、キモトリプシンなどの
タンパク質を消化する酵素

〇リパーゼ、胆汁酸などの
脂質を消化する酵素

これらの酵素はタンパク質から作られます。

タンパク質が不足すると、酵素が充分に作れなくなります。
そして、更に消化吸収力が弱くなってしまいます。

そのような状態が長く続くと、肉や魚や卵を避け
食べやすくて、素早くエネルギーとなる糖質に
偏っていきます。

また、食事後の満足感や、気持ちを静める作用のある
神経伝達物質(セロトニンなど)も、タンパク質から作られます。

タンパク質を充分に摂った方が、食欲を正常に保ち、
心穏やかでいられるのです。

女性で肥満に悩む人の多くは「潜在的に栄養状態が悪い人」

甘い物が止められない人も、タンパク質不足が原因かも
しれません。

参考サイト オーソモレキュラー.jp
http://www.orthomolecular.jp/nutrition/protein/

消化吸収と腸内環境は食事療法のカギ

fruits-320136_640
私はダイエットにも、健康管理のためにも
糖質制限は必須だと思っています。

しかし糖質制限を続けるためには
注意点もあります。

意外に見落とされがちなのが
消化吸収力、排泄力、腸内環境です。

私は、昔から胃腸が弱かった事もあって、
健康に関心を持ち様々な食事法を試してきました。

でも、期待する効果を得た事はありませんでした。

今は、胃腸や便通を良くする食事法を優先した結果
以前とは比べ物にならない程、体調が良くなっています。
アレルギーも確実に改善しています。

このような私の経験から思うのは

数ある食事法で身体の具合を悪くする人の大半が、

自分の消化能力と排泄力が追い付いていない内に
方法論だけを真似して無理に続けてしまっているのでは?
ということです。

肝心の消化吸収、排泄が上手くいなかければ、

タンパク質、脂質、糖質の三大栄養素
ビタミン、ミネラルの微量栄養素

・・の取り込みや、その後の代謝もスムーズに行われません。

そして、厳格なルールの元、
「これは身体に良い栄養素で有機農法で、云々・・」
と難しく考えて食べていても消化吸収はスムーズに
行われませんよね?

美味しく食べる、自分の身体の声を聞きながら
食べるのは、どんな健康法より大切!

消化吸収に自信のない方は、今一度、自分の
食べ方を見直してみるといいのでは?と思います。

ダイエットの基本が分かる!7日間メールセミナーと健康情報メールマガジン登録はこちらから。

down

コメントする




は必須項目です。

無料メールマガジン登録フォーム
  (例)日本
名  (例)太郎
メールアドレス  (例)nihon@example.co.jp

自己紹介

吉村 真佐美

吉村 真佐美

看護師・栄養カウンセラー   1、長く続けられる 2、楽しく食べる 3、糖化、酸化、慢性炎症の予防を 目標に食の安全と健康を最優先にした糖質制限を行う。 以上を元にダイエットについてのお手伝いをしています。 [詳細]